AI研究における苦い教訓 (5/6)

10月 27, 2019

これは大いなる教訓である

分野全体として、私たちはまだこのことを完全には呑み込めていない。

なぜなら同じ過ちをまだ繰り返し続けているからである。

この現実に直面し、その過ちを犯さないために、それらの過ちの訴えるところを理解しなくてはならない。

私たちは、私たちが考えるような仕組みを構築することは長期的にはうまくいかないという苦い教訓を学ばなくてはならない。

その苦い教訓は次のような歴史敵観測に基づいている。

1) AIの研究者は、AIに知識を構築しようと試みてきた。
2) これは短期的には成功し、かつ研究者の自己満足感を満たすが、
3) 長期的には停滞しそれ以上進歩を望めなくなり、
4) 最終的にブレイクスルーとなるような進歩は、真逆のアプローチである探索と学習の規模を大きくさせることによっておこる。

その最終的な成功は苦い色に染まっており、大抵は完全には受け入れられない。

なぜならそれは好ましい人間中心のアプローチを覆す成功だからである。

 

The Bitter Lesson by Rich Suttonからの翻訳)

↑記事をシェアしてください!読んでいただきありがとうございました。


次の記事:

前の記事:


私のプロフィールはこちら

Twitterもぜひフォローしてください


ご質問、ご意見、ご感想等はこちらから!