AI研究における苦い教訓 (2/6)

10月 24, 2019

コンピュータチェスにおいて、1997年にワールドチャンピオンのKasparovを破った手法は圧倒的に深い探索に基づいていた

その手法は、当時チェスの特性にもとづく人間の知識を活用した手法を追及していた大多数のコンピュータチェスの研究者をがっかりさせた。

特殊なハードウェアとソフトウェアを用いた単純な探索が非常に効果的であることが示されたとき、人間の知識を活用していた研究者たちは潔く敗北を認めなかった。

そのような研究者たちは、その『しらみつぶし』に指し手を探索する手法が今回は勝ったかもしれないが、それは一般的な方法ではない、少なくとも人間はそのような方法でチェスをプレイしてはいないと負け惜しみを言った。

これらの研究者は人間の知見に基づいて勝つことのできる手法を生み出すことを渇望していたが、それができなかったときにひどく落胆した。

 

The Bitter Lesson by Rich Suttonからの翻訳)

↑記事をシェアしてください!読んでいただきありがとうございました。


次の記事:

前の記事:


私のプロフィールはこちら

Twitterもぜひフォローしてください


ご質問、ご意見、ご感想等はこちらから!