アメリカのプログラマの技術力

6月 14, 2018

技術力というものを具体的に定義するのは難しいですが、アメリカでプログラマとして就職するための戦略で書いたように、Coding Interviewをそつなくこなせれば技術的には問題ないかと思います。

こちらからいつも紹介している本のサンプルが見れますので、Coding Interviewの問題がどんなものかチェックしてみてください。

面接を受けるまでの道のりは、シリコンバレーでプログラマとしてスタート地点に立つ方法を考えるを参考にしてみてください。

大学院に興味があれば、アメリカの大学院への進学はアメリカで就職するための王道ルートではないかと思います。

私も学部を卒業した後、新卒で日本でサラリーマンをやってからアメリカの大学院に進学しました。


次の質問:

前の質問:


引き続きご質問をお待ちしております

これまでの質問一覧はこちら


プロフィール

yu. (Ph.D. UC Berkeley)   

慶応大学環境情報学部を首席で卒業。日本のベンチャー企業で働いたのち、アメリカにわたり、カリフォルニア大学バークレー校にて博士号を取得。専攻は機械工学、副専攻はコンピュータサイエンス。卒業後はシリコンバレーの大企業やスタートアップでプログラマとして働く。2016年の時点で生涯暮らすのに十分な資産を得たため退職。毎日好きなものを作って暮らしてます。


詳細プロフィールはこちら