交換留学に行くべきか

5月 23, 2018

理系アメリカ大学院に合格するための戦略でも書きましたが、出願する大学院の教授から直接推薦状をもらうことができたら合格のチャンスはかなりあがります。

したがって将来のPh.Dコース進学を目指しているのならば、交換留学を通じてぜひ教授と直接知り合いになることを模索することをお薦めします。

浪人しているかどうかはアメリカでは誰も気にしないと思います。

アメリカ社会が年齢をまったく気にしないといったら嘘になりますが、それでも日本のように1、2年の差にこだわるようなことはありません。

そもそも皆バックグラウンドも見た目も違いすぎるために、誰が何歳なのかよくわかりません ^^;

東アジア人は若く見える人が多いので、結果的に得をしているような気がします。


次の質問:

前の質問:


引き続きご質問をお待ちしております

これまでの質問一覧はこちら


プロフィール

yu. (Ph.D. UC Berkeley)   

慶応大学環境情報学部を首席で卒業。日本のベンチャー企業で働いたのち、アメリカにわたり、カリフォルニア大学バークレー校にて博士号を取得。専攻は機械工学、副専攻はコンピュータサイエンス。卒業後はシリコンバレーの大企業やスタートアップでプログラマとして働く。2016年の時点で生涯暮らすのに十分な資産を得たため退職。毎日好きなものを作って暮らしてます。


詳細プロフィールはこちら